ママさんクライマーがゆく!渡辺沙亜里のスイスツアー 6/2

目標としていた課題を登ってしまったので、次に登りたい課題を探しにもっと森の奥へ…… 毎晩チェックしていたトポの記憶と勘を頼りに色々触りながら目標となる岩を探す。

  • U-Boot 6C (3級)
  • La Boum direct 7a (1級)
  • Seven of Nine 6b+ (4級)
  • Treeattack 7b (初二段)

有名なSofarsurferの岩に行くも…、ほんとにSo far!でできる気がせず…笑

数馬も中々目標とする課題に巡り会えず森をうろうろ。この2日間はひたすら目標を探す期間でした。そんな帰り道。トポで名前だけ印象に残っていたSamurai Tangoという課題を触ってみることに。ジャンプすればリップが届くくらいの岩。でもグレードは7c+/8aという高い グレード。ガバカチで見た目は簡単そう。そんな軽い気持ちで数馬が先にトライ。

一撃。

やっぱりねーー!といった感じで自分もトライ。

「あれ?浮けない」

出始めは傾斜が強く足が深い為体が浮かない。ここは鬼保持し、腕力で体を持ち上げる。サイファーでガバカチを止めてリップに……

「えーーーー?!めっちゃ遠いやーーん……」

立って見た時と岩に取り付いた時の印象が違い過ぎる(O_O)

思いっきりジャンプするもリップを擦りもしない。シンプルなのに。2手なのに。ガバなのに……

この日は諦め宿に帰るも寝ても覚めてもあの課題が頭を離れない。次の日も触りに行く。

ミリ感覚でリップに届き始めた気がするも…やっぱり出来ない。

「あーーー、もう!!」

その次の日は雨。サムタン (Samurai Tango) は上に土が乗っているので雨の日のトライは厳しい……

気を取り直し初日にトライした雨の日でも登れるネバーエンディングの岩へ。初日はできる気がしなかったNothing Change 8a。傾斜から出てくる時の降られにどう耐えるか。

私はそこが核心でした。

どうにか自分に合った足位置を見つけバランスを取る。何とかなりそう。次に、小さなカチをマッチしてほぼエッジのない足で遠い1手を止めるパート。何度やっても足に踏み込める気がしない。もちろん距離も出ない…

ランディングも悪く、ランジも怖すぎて無理。悩んだ挙句、届かない1手に足を降りヒール。笑

「あれ?めっちゃヒール効いてる」

そのまま足に慎重に体重を乗せる。悪いピンチを一瞬保持してスローピーなダイクに飛ばす。

あ、できた……

全てのムーブが完成。あとはこの長い課題を登りきるだけの集中力と気合。ハイアングルのヒールのプルタブを内側に押し込み、体を温め指を冷やす。気合を入れてトライ。

第一核心の傾斜から出てくるパート。うまく体が入りカチをマッチして降られに耐える。

第二核心。独自に編み出したヒールムーブで乗り込む。悪いピンチの保持が甘い…

「駄目だ……」

1トライでかなり疲れる。20分休み次に賭ける。

気合を入れ直しトライ。
第一核心、第二核心…ヒールはいい感じ。

ピンチの持ちは悪いが声でごまかしダイクに手を伸ばす!止まった!!後は落ち着いてヒールをかけ直し…

「できたーーーー!!!!」

ゴールホールドから飛び降り、下で応援してくれていた息子と数馬にグータッチ!*\(^o^)/*

今ツアーで2本目の最高グレードget☆ あー、楽しい!!

おそらくマジックウッドで登れるのはあと2日。

サムタンという、もうあだ名まで付けてしまったこの課題を置いて帰る訳にはいかない!!

おそらくこの課題が最後の目標課題となりそうです!